彼女をつくるために必要なのはやっぱりこれだ!データが物語る

   

  恋愛にしても、結婚にしても主導権を握っているのは男性であると僕は思っている。なぜか?こちらご覧ください。(リクルートさんお借りしました)

 

 

自らプロポーズしてみる大切さ

彼女をつくるために必要なのはやっぱりこれだ!データが物語る

 

 8ページ目を見てください。そうそうです。『結婚に向けて大事だと思ったこと』というお題のページです。グラフが2つ縦に並んでおりまして、下のグラフです。(写真を貼り付ければいいのですがPDFをこちらに貼り付けるやり方を知らないので・・・(-_-;) )

 「結婚するために大事だったと思うポイント」の設問に対してのアンケート結果です。ここがメッチャ面白い。

 【「結婚しよう」という自分の覚悟・決断】に関しては6ポイントくらい女性が上です。(僕の予想では男性の方が上回っていると思っていました)

 しかし、【とりあえずデートに誘ってみる】【自らプロポーズする・してみること】では圧倒的に男性が上回っています。特にプロポーズにいたっては5倍くらい違う。

 「そりゃ、プロポーズは男がするもんでしょ!?」と思ったあなた!確かにその通りですが、これを活かしきれていますか??ってことを強く認識してほしいのでこの記事を書きました。

 

仮説から、積極的に誘うべし!

彼女をつくるために必要なのはやっぱりこれだ!データが物語る

 

 上記のことから、このような仮説がたちます。恋愛や結婚のきっかけは『男性が誘い、女性が決める』です。『女性が誘い、男性が決める』ことなんかほとんどないんですね。

 ということは、男性は女性を誘わなければダメだと結論づけられます。

 告白するにしろ、結婚のプロポーズをするにせよ、男性から女性に言わないと事は進まないということがこれで証明されますね。

 であるなら、どういう戦略を持てば、恋人ができたり、結婚することができるのでしょうか?決して、年収・身長・学歴・職種だけの問題ではないということを声を高らかに宣言したいです!!

 それは・・・

 『積極的に女性を誘うこと。ダメなら次!ダメなら次です。決めるのは女性、男性ではありません。』

 

 

下手な鉄砲も数撃てば・・・理論

彼女をつくるために必要なのはやっぱりこれだ!データが物語る

 

 もちろん、女性を誘うことに抵抗はあるのは誰でも同じでしょう。こう見えて僕だって抵抗が無いわけではありません。恥ずかしいし、照れもあります。それでも、これができるかできないかで大きな差が生れることは上記の通りです。

 男性がやることは「彼女がいない」とウジウジ考えるより行動を起こすことです。もう数ありきで、ダメだったら次の女性へいけば良いんです。立ち止まると時間が勿体ないですからね。

 男性が声を掛けなければ恋愛も結婚もはじまりません。ということはやはり男性が主導権を握っています。そうですよね?

 え?誘い方が分からない?こういうのをご参考にしてください。スゴレンさんから借りました。

 

 

無料メール登録

 

 

 - 彼女 作り方 ,