彼女をつくるために恋愛心理学は有効なのか?

      2016/02/03

 メルマガで「恋愛心理学より行動することが大事だ!」と書きましたところお叱りを受けました。すみません・・・。

 

恋愛心理学を学ぶよりも、女性を口説く方が先だ!

行動する前に恋愛心理学を学ぶ方が先だ!

 

 仮にお叱り主をKさんとしましょう。Kさんの主張はこうです。「女性を口説く前に恋愛心理学を学ぶ方が先だ」とのお叱りです。「間大輔の言っていることは間違っている。僕は逆の方法で行く」というものでした。それはそれで結構だと思いつつ、ありがたいご意見です。

 なぜなら、こうやって発信し続けることで反論があるのは、僕の主張を真剣に受けてくれる人がいる証拠ですからね。そしてご丁寧に「〇〇が違う!」といただけるから、僕も立ち止まって考えを整理することができます。本当にありがたく思います。

 ただ一応言っておきますと、僕は恋愛心理学について否定的しているワケではありません。(恋愛心理学を「好きな女性を振り向かせるためのもの」と定義させてください。)

 さて、否定しないものの少し僕の考えを明確にします。えっと、ごめんなさい。野球で例えますね(笑

 

ここから先は野球を知らない人はごめんなさいです。

行動する前に恋愛心理学を学ぶ方が先だ!

 

 僕は「恋愛心理学」と「行動が先だろう」の議論で伝えたいことは「バッティング理論」と「実際に打ってみる」のどっちが打てるようになるのだろう。という話しです。

 バットを振るという行動を起こせば「打てる」「打てない」が体験として残ります。そのうえで「こうバットを振ったほうが打てるよ」という理論を学べば打てるようになります。バットを振ったことがない人に「こうバットを振ったら打てるようになるよ」と言ったところで振ったことがないのだからトンチンカンに思うはずです。

 小さな子供が来たボールをバットで弾き返すことは理論ではありません。頭ではなく体で覚えているから打てると思うのです。だからまずはバットを振ることが先かな~と思うわけです、僕は。

 

フラれたことは失敗にあらず

行動する前に恋愛心理学を学ぶ方が先だ!

 

 恋愛も同じです。好きな女性がいれば行動起こせばいいと思います。やってみてダメなら他の誘い方を考えるか諦めて違う女性へ行けばいいですからね。だからそれは失敗ではありません。次に繋がりますよ。

 でも、なんやかんやと言い訳をして行動を起こさないなら、それこそが失敗じゃないですかね。なぜなら、その状態に留まっているからですよ。

 そういう願いを込めて「恋愛心理学を学ぶより、女性を口説くほうが先だ!」と主張をしてみましたが、いかがでしょうか?この記事をご覧になった方がどう思うか気になるところです。

 ちなみに恋愛心理学を学んだことがない僕は女性に恵まれています。でも、Kさんは10年以上パートナーがいません。正解はないのかもしれないが、行動してみることをお勧めします。Kさん、ありがとうございます!

 

無料メール登録

 - 彼女 出来ない ,