彼女に気持ちよく過ごしてもらうための「お会計3カ条」

      2015/06/22

こんばんは
男のための恋愛プロデューサーの間大輔です

午後はFacebookで知り合いになった素敵な女性とお会いしました。恋愛プロデューサーの肩書きはたくさんの女性にお会いする機会を与えてくれますが、いつだって緊張します。それがまたワクワクして良いんですけどね。(ビジネスの話です)

さて、「男の甲斐性」という言葉がありますね。この言葉にはいろんな意味があると思いますが、その1つに「お金の支払い方」も含まれています。これ、人間性が出ますからとても大切です。
 

女性を誘ったらご馳走してあげよう!ワリカンにするようではモテません。

by彼女をつくる恋活専門学校

20代の若い世代は「ワリカン」の文化が強いようですが、30代以上ともなれば、誘った女性にはご馳走してあげたいところです。

ただし、ご馳走をすれば必ず恋愛に発展するワケではありません。しかし、上手にお会計を済ませれば男をあげる可能性が大いにあります。

「お金の支払いに人間性がでる」と、遠い昔に読んだ本があり、「なるほど」と納得した記憶があります。それ以来、心掛けていることが3つありまして、それを僕流として以下にまとめました。
会計
 

お会計3カ条

by彼女をつくる恋活専門学校

1、最初くらいはご馳走する

ご馳走されて嫌な気持ちになる女性はいません。だからサラッとお会計を済ませます。何度も会う関係になれば、おごられることもあります。それはそのときの話です。初っ端は気持ちよく、ご馳走してあげましょう!これで少しポイントアップです(笑

2、ご馳走できない無理な誘いをしない

そもそも、ご馳走できない料金設定のデートプランを考えません。無理は禁物です。サラッと支払できる料金設定を自分で決めれば、出し惜しみをする気持ちは起こりません。出し惜しみは百害あって一利なし!

3、気持ちよく支払いを済ませる

どうせご馳走するなら気持ちよくスマートに支払いをしたいものです。そうしないとご馳走する行為が裏目に出ます。男を上げる見せ場のひとつですからサラッと出し惜しみなく対応します。お会計の仕方も演出です。
彼女
 

サラッと

by彼女をつくる恋活専門学校

このくらいかな。これなら誰でもできるでしょ。3つともポイントは「サラッと」です。

こうすれば、おごられた女性は気持ちよく帰宅の途につけます。間違っても「金を出したんだから・・・元を取ろう」と考えたらダメですよ。お金の支払い方に人間性がでます。女性はそういう部分には敏感です!

※実践で培ってきた彼女ができるためのノウハウをメルマガにしています。下部のフォームから登録できます。

 - 【新井塾】メンバー専用カテゴリー, 女性を口説くヒント, 彼女 出来ない