女性と会話が続かないと悩むのは「無言の間」が原因ではないか?

   

 「彼女とやっとこさ、念願のデートにこぎ着けたのに次へ繋がらない」「2回目のデートに誘ってみるものの、ことごとく断られてしまう」そんな悩みをよく聞きます。

 

模擬デートの効果

女性と会話が続かないと悩むのは「無言の間」が原因ではないか?

 

 男性の恋愛支援の一環として「模擬デート」なるものを実施しています。発想はどこの会社でもやっているであろう「営業ロープレ」です。

 目的は2つあります。1つは予習をすることにより本番でスムーズなデートを楽しんもらうこと。もう1つはデートをするけれど次へ繋がらない人へのアドバイス&検証の場。

 で、やってみると後者が結構おもしろい。模擬といえども女性とデートをするのでその男性の癖みたいなものが出ます。「なるほど~~~だから次へ繋がらないんだ」というのが見えてきます。

 次へ繋がらない原因として1つの仮説が浮かびましたのでシェアします。それは『会話中の間の取り方に問題あり』です

 

会話中の無言の間

女性と会話が続かないと悩むのは「無言の間」が原因ではないか?

 

 30年以上過去の懐かしい話をします。僕は14歳の頃にある彼女と毎日電話をしたことがありました。会話内容は他愛もありません。声を聞けるだけでドキドキするので最初は盛り上がります。

 しかし、毎日話しているとさすがに話題もなくなり・・・気がつけば無言の時間も流れたことが多々あります。何を話していいのか分からない状態です。このニュアンスわかりますよね?

 これと同じで、模擬デートで見えてきた仮説は『「無言の間」が会話の面白さを半減させてしまっているのではないか?』です。

 2回目のデートに繋がらないと悩む男性の模擬デートを客観的に見てみると、ちょいちょいと「無言の間」があることがわかりました。何を話していいのか分からない状態です。

 

無言の間の正体は?

女性と会話が続かないと悩むのは「無言の間」が原因ではないか?

 

 「無言の間」の正体は女性の話に興味がないから。または、話についていけないからでしょう。そうならないためにはどうしたら良いんでしょうね。

 基本的に女性と男性はコミュニケーションの取り方が違います。女性は会話そのものを楽しみます。だから、何時間もお茶ができるワケ。でも男性は違いますね。会話に結論を求めたがります「だからなに?」って感じにね。ここの大きな差があるんです。

 以上を踏まえて、もし目の前にいる女性を狙いたいと思うなら、もし誘いたいと思うなら、男性はその女性を良い気分にさせてあげなければなりません。そうしないと次は有り得ないからです。じゃあそのために何をするか?それは聞いてあげることです。

 聞いてあげるというと簡単に思われますが、聞き役とはただ話を聞くだけではありません。しっかり質問をしたりして、ボケてあげたり、話に突っ込んであげることを意味します。

 そんなことを頭の片隅に置きつつ、楽しませてあげようの心掛けで話の聞き役になれば、きっと変な「無言の間」はなくなるはずです。ただこれはあくまでも僕の理屈ですから、他に理屈があっても良いと思いますよ!

 

無料メール登録

 - 彼女 会話 ,