職人の堀さんから学んだコンビニ女性店員へ声のかけ方

      2015/05/27

賛否両論があることを承知で書きます。

恋愛はコミュニケーションである。
だからスキルアップで鍛えることは可能なのだ!!

と私は信じています。

モテる要素はいろいろありますが
結局はコミュニケーションが1番大切な気がします。

そのコミュニケーションで自信を持てる
ちょっとした小話を。
 
 

どうせダメだと思い込む間違え

by彼女をつくる恋活専門学校

20年以上昔の話です。
左官職人の世界に足を入れた経験があります。
辛くてすぐに辞めまてしまいましたが・・・。

そこで知り合った職人さんに堀さんがいました。 

この堀さんから職人としてのイロハを学びましたが
それ以外にも学んだことが幾つかあります。

その1つが
コンビニの女性店員への声のかけ方
です。

当時の私はコンビニの女性店員の声を掛けるなど
考えられないことでした。

だって
「何だこいつ?変な男」
と思われたくないですから・・・。

下手に話しかけても迷惑そうな顔をされるのが
オチだと思い込んでいました。

そうです
思い込んでいただけだったのです。

女性に声かけ 
 

マジですか?堀さん

by彼女をつくる恋活専門学校

ところがこの堀さん
(当時の年齢は50代だと思います)
何食わぬ顔でコンビニの女性店員に声を掛けます。

それもどうでもいいひと言を。

「お姉ちゃんたちはいくつなの?
「もう何年くらい働いているの?」
「この店で1番美味しいカップラーメンどれ?」

こんな感じです。

私は側らで
「そんなことを聞いたら煙たがられるだろう・・・
と思っていました。

ところが、女性定員たちは
答えるんです。
しかも、結構楽しそうに。

これには驚きました。
天地がひっくり返るほどの衝撃を受けました。

つまり、話しかけて煙たがられると思うのは
僕の勝手な思い込みだったわけです。

堀さんという素晴らしいお手本のお蔭で
声を掛けるハードルの低さを知ったワケです。 
 

ちょっとした成功体験

by彼女をつくる恋活専門学校

それ以来、私もコンビニの女性店員に声を掛けることが
できるようになりました(笑

ちょっとしたことですが
この小さな成功体験コミュ障だった私に
小さな自信を与えてくれた。

やってみたから自信を持てた。
そんな小話でした。

 - 【新井塾】メンバー専用カテゴリー, 女性を口説くヒント, 彼女 出来ない