60歳だって彼女は欲しい!その貪欲さに心が震えた!

   

彼女が欲しい人必見の恋活研究所ブログ 9月5日号

いつもご覧いただき、ありがとうございます。「彼女を欲しい」をメインテーマにブログを続けています。

今回は60歳になる人生の大先輩からご相談を受けました。それに回答した内容をアップします。年齢に関係なく参考になりますから。
それにして・・・60歳で彼女を欲しい、彼女を新たに作ろうというバイタリティに頭が下がります。

ご返答内容

NKさま
彼女欲しいこのたびは早速のご返信誠にありがとうございます。
質問に関してもご丁寧にお答えいただき感謝しております。

人生の大先輩に対し、私が話しするなど大変恐縮ではございますが
これも何かのご縁ということでお伝えさせていただきます。
ぜひ、ご意見ご質問をいただければ幸いでございます。

私が女性を口説くにあたって心掛けてきたことは「褒めること聞くこと」と「スタンスを明確にすること」です。

「褒めること聞くこと」とは、
褒めて心の扉を開き、聞き役に徹する事で「この人、わたしをわかってくれる存在」になるように心掛けます。一旦こうなればもう後は簡単です。女性は心を許すまでは大変ですが、一旦許してしまうとその男を受け入れる性質がありますので。

「スタンス」とは
「俺はあなたを女として考えている」ということを相手に分からせます。口頭で伝えたり、文字や、状況などを利用します。それでも関係を続けようと思う女性はどこかに隙がありますので、そこを突きます。隙がなかったり、スタンスを明確にして去っていく女性は追いません。
「優しくていい人」で終わるケースが多いNK様には是非取り入れると良いのではないかと思います。

上記の一つひとつは奥が深いので細かくは割愛させていただきますが、要するに実践を重ねることによって経験値がたまっていくと考えています。

これは女性を口説く上での王道だと思っています。わたしはこれで確実に結果が出ていますから。

以上です。

それにしても60歳で40代の女性を狙われるとは素晴らしいです。ご質問にあった「あからさまに口説いているとわかるアプローチ」は必要だと思います。
私の表現では「スタンス」にあたります。私は「スタンスという名の踏み絵を女性に踏ませる」ことを考えだして以降に成果がでるようになりました。

冒頭にも書きましたが、ご意見ご質問はご遠慮なく仰ってください。人生の大先輩に講釈を垂れて緊張しました。
何卒よろしくお願い申し上げます。

ここまで

それにしても凄いですね。まさか60歳の方から相談が舞い込むとは思っていなかったので面喰いました。しかし「いつまで経っても男は男。彼女は欲しいもの」だと勉強になりました。

以上
~次回につづく~

当ホームページのトップにある「STEP1」から「女性とのコミュニケーション方法」を無料でプレゼント!  
ご活用下さい(*^^)v

いつもありがとうございます。

男のための恋活研究所
間 大輔

 - お知らせ, 彼女 欲しい 40代