日本人3人に1人は恋人を持った経験が無い緊急事態

   

彼女が欲しい人必見の恋活研究所ブログ 8月22日号

ちょっといつもと違うブログ

彼女欲しい「リクルート ブライダル総研」が1年前に衝撃的な調査結果を発表しています。
それは2,352人の独身男女20代~40代男女において、恋人がいる人は「27.5%」 今まで付き合ったことがない人「29.6%」という数字です。つまり、4人に1人しか恋人はいません。しかもそのうち3人に1人は一度も恋人をもった経験がありません。
年齢と男女差によって多少の違いはありますが、これは由々しき事態であると思いました。

少子高齢化、既婚率の低下、離婚率の増加など、本来はどれも国をあげて解決するべき内容ですが、有効な手立てを打てないから上記のような数字があると思います。
だからといって、私は結婚を勧めているわけではありません。個人によって、そこは自由であるべきだし、色々な生活様式があって良いのですから。しかし、恋人はいないより、いたほうが良い。人生がより楽しく充実して謳歌できるのではないか?という考えが私の根底にあります。

「ブライダル総研」の調査には続きがあります。「積極的な行動」「柔軟なコミュニケーション」が恋人をつくる大きなポイントとあります。特に女性は消極的な男性を評価しない傾向が強いです。だから「恋愛ノウハウ」を学ぶより先ずは行動、そして女性を気遣う気持ちを持てば恋人はつくれるものです。

さらに10人に1人インターネットが恋人をつくるきっかけになっているというデータもあります。SNS全盛期において時間や場所に縛られることなく恋人つくりができる可能性は無限です。

大きな意義がそこにある

なかなか「彼女のつくり方」に良い印象を持ってもらうことは難しい。しかし現代社会においてタイムリーに必要とされる意義ある分野ではないだろうか?と疑問をもったことが「男のための恋活研究所」を立ち上げた理由です。

まだ生まれたばかりの段階で何をどうやれば有効的なのか暗中模索の状態です。仲間やアイデアなど欲しい状態ですので、ぜひ面白い!と思われる方のお力をお貸し下さい。
よろしくお願いいたします。

以上

~次回につづく~

男のための恋活研究所
間 大輔

 - 女性を口説くヒント