彼女はあなたのどの様な「魅力」に惹かれるか考えよう!

   

こんばんは!

今日も気合を入れて体験から知り得た
「彼女の作り方」「女性にモテるための考え方」
をupします。

これから彼女を作る
あなたのヒントになれば幸いです。

眼鏡な女性

尺度を持ってハッピーな恋愛をしよう

by彼女をつくる恋活専門学校

●「価値」は
「魅力」「強み」とも置き換えられることができます。

前回は「価値」「価値」と連呼してしまったから
ちょっとイメージを掴みにくかったかもしれません。

「価値」とは「強み」と同じだ
といいましたが

「魅力」
に置き換えることもできます。

「価値」=「魅力」
だと、より分かりやすいですね。

だから、これ以降は
「魅力」に置き換えてupしていきます。

●そこで再び

「女性が感じるあなたの【魅力】を自分でわかっていますか?」

この大切さを強くお伝えします。

これから「彼女を欲しい・作る」
と望んでいるなら
ぜひ自分なりの回答を持っておきたいものです。

なぜなら

それがあなたの大事な
「尺度」になるからです。

●自分の「魅力」を知っていれば
モノサシができます。

モノサシが出来れば
尺度を持つことができるハズです。

そうすると

彼女は自分の「魅力」を素敵に
思った、思わなかった。

この彼女は自分の「魅力」を
認めてくれた、認めてくれなかった。

もっといえば

この彼女は自分と
「相性」がいいのか、わるいのか。

を尺度をもって
見極めることができるからです。

●あなたの「魅力」に惹かれた女性と
時間を過ごす方が「恋愛」において
圧倒的に有利です。

価値観や感性が合わない女性に
どんなに手を尽くしても
ハッピーにはなれません。

ハッピーになれない女性に強く拘ると
思うようにいかずに執着心が募ります。

このよう場合は往々にして失敗を招き
悪循環にハマる危険性があります。

男女ともにハッピーを考えたときに
こんな無駄なことはありません。

だからこそ
自分のストライクゾーンをしっかり持つ
ことは有効で

その第一歩として
おのれの「魅力」を知ること
は大切な要素です。

というよりも
知らないと結構厳しいかもしれません。

女性の目を通して自分の「魅力」を知る

by彼女をつくる恋活専門学校

●では、そのおのれの「魅力」を
どうやって知ればいいのでしょうか。

ここで面白いのは

自分の「魅力」は自分でも気がついていない
意外な一面だったりする。

という事実です。

●私は20代後半まで女性に縁遠い生活でした。
彼女が欲しかったけどできなかった。

その当時は女性より男性の友達と
過ごすことがおのずと多かったのです。

だから
友達(男性)を通じた自分の「魅力」
しか知りませんでした。

例えば
「車の運転がうまい」
「強運を持っている」
などです。

ところがあることをキッカケに新たな自分を知りました。

それは30歳目前で彼女ができた際に訊ねた質問で

「俺の何が良くて付き合ったの?」

これに対して彼女からの回答が

「褒めるのが上手だから一緒に居て嬉しくなる」

です。
これは衝撃的でした。

「俺はそんな風に思われたのか??」

そのときはじめて女性視点での
自分の「魅力」を知ったのです。

●このように意外と人は
自分自身のことを知りません。

ましてや
彼女を作ろうというのであれば

女性視点のあなたの「魅力」を
知っておくことは圧倒的に有利になります。

なぜなら
周りの大半の男性は知っていないからです。

その中であなたが周りが知らない
自分の「魅力」を知って女性と接すれば・・・

そりゃ~有利です。

どうやって自分の「魅力」を知るべきか?

by彼女をつくる恋活専門学校

●女性の視点であなたの「魅力」を知るには
どんな方法があるでしょうか?

何か名案が浮かびますか?

次回で私なりの方法をupしてみます。
この内容が気になる人はちょっと考えてみてください♪

まとめ

by彼女をつくる恋活専門学校

●自分の「価値」「強み」は「魅力」にも置き換えられる。

●自分の「魅力」を知ることで「尺度」ができます。
あなた特有の「尺度」を知ることで、恋愛に有利に作用します。

●「魅力」は自分で知らない一面だったりします。

 - 【新井塾】メンバー専用カテゴリー, お知らせ, 女性を口説くヒント