彼女に無理難題を聞き入れてもらうときはこうやって頼めばOK

   

彼女に、難題を出して義理を作ると、次の交渉を有利に進められる。そんな魔法のテクニックの1つに『ドア・イン・ザ・ファイス・テクニック』があります。

ご存知ですか?

魔法のテクニック
 

ドア・イン・ザ・ファイス・テクニック

by恋愛プロデューサー 間大輔 公式サイト

ロバート・B. チャルディーニというアメリカを代表する社会心理学者が「影響力の武器」または「影響力の正体」(翻訳の関係でタイトルが違いますが中身は略同じです)という名の世界的に有名な本を出しています。その中で、第1章で取り扱っているのが「返報性の法則」です。

『ドア・イン・ザ・ファイス・テクニック』とはその返報性の法則を利用した、人間が逃れることのできないテクニックの1つです。

彼女に無理難題を聞き入れてもらうときにどうしたらOKが出るでしょうか?その何故が『ドア・イン・ザ・ファイス・テクニック』にあります。

どうです?興味がわきますよね!

興味がわく彼女
 

ヤバすぎるテクニック

by 恋愛プロデューサー 間大輔 公式サイト

はじめに、到底聞き入れてもらえないであろう無理なお願いをします。無論断られます。当たり前ですね。でも、ここからが彼女を作るための『ドア・イン・ザ・ファイス・テクニック』です。

次に本命のお願いをします。このプロセスを経ると彼女の心には「はじめの依頼を断ってしまったので申し訳ない」という罪悪感が起きるので、本命を聞き入れやすくなる。

彼女の罪悪感を利用するヤバすぎるテクニックです。

彼女をゲット
 

彼女を誘いたい時にこう使う!!

by 恋愛プロデューサー 間大輔 公式サイト

例えば彼女をお茶に誘うファーストデート。

最初からOKが取れるならそのまま誘うべきです。でも、YESかNOのどっちに転ぶかわからない場合は、ちょっとオーバーな誘い方をしてみましょう。

「今度の週末に箱根にドライブ行かない?」

都心から箱根へドライブは丸一日かかる行程です。ファーストデートにしては少しヘビーですね。でもこの誘いは断られることが前提です。

「う~、ちょっと時間が空いてないかな」

彼女がこういえばしめたもの。

「じゃあ1時間くらいならいいでしょ?お茶しない?」

こう誘えば彼女は最初の依頼を断って罪悪感よりOKする確率はがグ~~ンと上がります。人は「お返ししなくてはいけない」と思う生き物です。

誘ってみどっちに転ぶかわからない場合など2段仕掛けの誘い方が有効です。彼女に何かを依頼する場合に『ドア・イン・ザ・ファイス・テクニック』はバッチリ効果ありますから悪用しないで下さいね(笑

こんな効果テキメンなテクニックは他にありません。知っている人から使っていますから。まだのあなたも是非。

 - 【新井塾】メンバー専用カテゴリー, 女性を口説くヒント, 彼女 出来ない