彼女が欲しい悩みは千差万別。「アドバイス」と「俯瞰する自分」

   

彼女が欲しい人必見の恋活研究所ブログ 9月15日号

いつもご覧いただき、ありがとうございます。「彼女を欲しい」をメインテーマにブログを続けています。

的確なアドバイス

今日は少し「40代 3大彼女できない原因」を脱線して、ほかのことを考えてみます。それは「彼女を欲しい悩みは千差万別」です。

彼女欲しいこれ、どういうことかと言いますと。あたり前ですが人により「彼女が欲しい」事情も状況も違います。

20代で一緒に遊べる女性を求めている人。30代で結婚相手を探そうと思う人。40代でずっと彼女がいないのも困るので本腰入れて探し出す人。50代、60代で不倫相手を探す人。さらに同じ年代でも既婚者が求めるものと独身者が求めるものは違うし、今まで彼女がいた人と全く彼女がいなかった人では求めるものが違う。

つまり10人いたら10通りの事例が集まるので、私自身はとても勉強になっています。この、それぞれ違う事情や状況が蓄積されて膨大なデータベースができるので、より的確なアドバイスを繰り出せるようになります。

俯瞰して整理がつく自分

そして「他人に相談する」ですが、自分で悶々と悩みを抱えるより、はるかに効率は良く整理ができます。なぜなら他人に伝えるためには、一度自分の中で物事を整理しなくてはなりません。そうしないと聞く側は「何のこっちゃ??」となるからです。この「自分の中で整理する」行為は俯瞰して自分を見渡せるから整理を早くします。

相談を受ける私が毎回思うことで、相談に来る方は皆さん一様に「話しているうちに」「書いているうちに」整理がついた。とおっしゃります。

この「的確なアドバイス」+「俯瞰して整理がつく自分」とても効果的ですから、どうぞ1人で悩んでいないでご相談ください!きっと活路が見いだせます。

恋活研究所は「的確なアドバイス」×「俯瞰して整理がつく自分」掛け算になるように精進していきます!

以上
~次回につづく~

当ホームページのトップにある「STEP1」から「女性とのコミュニケーション方法」を無料でプレゼント!  
ご活用下さい(*^^)v

いつもありがとうございます。

男のための恋活研究所
間 大輔

 - 女性を口説くヒント