彼女が欲しいなら魔の言葉を慎め!それは「でもね」

   

彼女が欲しい人必見の恋活研究所ブログ 【9月16日号】

いつもご覧いただき、ありがとうございます。「彼女を作る」ことに主眼をおいたブログをコツコツ続けています。

彼女を作るための「包容力」とは何ぞや

40代以上の男は女性に対して「コミュニケーション苦手」だといわれています。
 ・上から目線はダメでっしゃろ!
 ・昔話の連発はダメでっしゃろ!
 ・彼女の話を遮ったらダメでっしゃろ!
と3点あげました。次の4点目は「包容力」について考えてみます。

彼女が欲しい何歳でも、あればあったに越したことがないのが「包容力」です。さらにいえば、20代~30代前半男よりも30代後半以降の男には必ず身に付けておきたい要素です。
この「包容力」をググッてみると【過ちや欠点なども含め、相手のさまざまな点を受け入れることができる心の広さ。】とありました。まさにその通りで、斯く在りたいと思います。
では40代男が彼女を口説く場合の会話の中での「包容力」とはなんであろうか・・・。それは「でもね」を口に出さないこと。これに尽きます。

彼女との会話の中で「正解」など99%ありません。なのに「正解」にこだわって自滅するパターンが多いのも40代以上の特徴です。なぜなら「経験が中途半端にあるから」です。

彼女との会話は「心の扉」を開くことに主眼を置くべきです。なのに「論破して正論をぶちかます輩」がいます。逆を考えて下さい。幾ら正論をいわれても論破されていい気持ちがしますか??しませんよね。

彼女が欲しい場合は「でもね」を慎み、相槌を打って「へぇ~そうなんだ」を巧みに駆使して「心の扉」を一進一退にこじ開ける。これこそ「正しい包容力」です。

T君にひとこと!

そしてもう1点今日は言いたい!!

先日悩み相談を受けていて「ハッ」とすることがありました。それは、女性を口説く経験値を上げるためにキャバクラに通いつめているという・・・T君。声を大にして言おう!「それは間違いである!」と。

あえて言いますけど、彼女たちは仕事です。T君はお客です。まずそこが全く違いますから・・・。

T君の会話でキャバクラのお姉ちゃんが喜んでいるのではありません。キャバクラのお姉ちゃんが上手にT君の言葉を引き出しているのです。もし学ぶならまさにここです!T君が女性を口説くときに気持ちよく相手に喋らせるテクニック。ここを学んで活かしましょう。

以上
~次回につづく~

当ホームページのトップにある「STEP1」から「女性とのコミュニケーション方法」を無料でプレゼント!  
ご活用下さい(*^^)v

いつもありがとうございます。

男のための恋活研究所
間 大輔

 - お知らせ, 彼女 欲しい 40代