彼女が欲しいけど出来ない40代のコミュニケーションは

   

彼女が欲しい人必見の恋活研究所ブログ 【9月17日号】

いつもご覧いただき、ありがとうございます。「彼女を作る」ことに主眼をおいたブログをコツコツ続けています。

40代以上彼女欲しいけど出来ない人は・・・「コミュニケーション下手」と題してここ最近は続けています。

最後は彼女に対する「思い遣り」

彼女欲しい5点目にあげたいのは「思い遣り」です。

どれだけ会話のテクニックを磨いたところで薄っぺらなものは直ぐにバレます。過去にも少し触れましたが、感受性が男の数倍鋭い女性はこの辺りの薄っぺらさを簡単に見破ります。昔から「女の勘は鋭い」という言葉がありますが、これなど感受性の鋭さをついた言葉ではないかと思います。

男として、特に40歳以上で彼女に恵まれない男の場合は、この「上辺だけのテクニックに走らずに、女性に対する思い遣り。または女性に対する心遣い」の神髄と破壊力を知り、心掛けるべきです。
なぜなら、私がそれで成功しているからです。そして失敗する場合もここの配慮に欠けているときに彼女が離れていきます。

彼女になってくれた女性に「なんで俺を選んでくれたの?」と聞けば「ほかの人と比べて私のことを大事にしてくれそうに思えたから。」と答えが返ってきます。
「彼女に対する思い遣り」が響いたからではないでしょうか。私はそう思っています。

男はナンバーワンを目指す。女はオンリーワンを求める。

「男と女は別な生き物」のところで書きましたが、「恋愛において、男はナンバー1を目指します。女はオンリー1を求めます。」だから裏を返すと「生理的に嫌われなければ、あなたの熱意に女性は心を動かす可能性が高い」といえます。

その熱意はもちろん一直線に彼女に対する想いもあるけど、包んであげる思い遣りが大切なのはいうまでもありません。「思い遣り」「気配り」「心遣い」「優しさ」「配慮」「親切」「労り」などが会話のコミュニケーションの肝になると心掛けましょう。

40代以上の彼女できない相談者とのやり取りで特に私が感じることが上記の部分です。自分の気持ちばかり全面的にだして彼女たちに対する思い遣りを感じません。

このように書くと難しいように思うかもしれません。が、女性と接する際は頭の片隅にこんなことを置いておくだけで、グッと結果は違ってきます。

具体的に私がやっていることは

 「体調はどう?」
 「雨に降られなかった?」
 「仕事が遅かったんだね。お疲れ様」

と極々普通の「お声かけ」です。文字にすれば「なんだ、これかよ?」と思える短い言葉です。
しかし、逆に言えばこれすらやらない男が世に多いのも事実です。だからこそ少しやるだけで他者との差別化も図れてより効果的になります。
たったこれだけで女性からウケがよくなるなら取り入れるべきです。

以上
~次回につづく~

当ホームページのトップにある「STEP1」から「女性とのコミュニケーション方法」を無料でプレゼント!  
ご活用下さい(*^^)v

いつもありがとうございます。

男のための恋活研究所
間 大輔

 - お知らせ, 彼女 欲しい 40代