女性にモテるには「釣りバカ日誌のハマちゃん」になれ!

   

女性が見ず知らずの男性に「お仕事は何をされていますか?」と聞くことは出会いの場に良くある話です。

仕事は、その男性を見極めるうえでの1つのモノサシになっています。これはこれでわかります。しかし、日本人は仕事で人を判断する傾向が強すぎますよね。

仕事なんて、その人を表わす1つに過ぎません。だから、女性との出会いの場でも臆することはく、自分の誇れる部分を出していって良いんですよ!

仕事しない男性
 

「仕事をしてなきゃダメだ」メンタリティ

by彼女をつくる恋活専門学校

なんか日本人って「仕事をしてなきゃダメ人間だ」的なメンタリティがありますよね?何十年ぶりの同窓会でも「お前何してるの?」みたいなあの感じ。

僕はそもそも、これが気に食わない。

特に、無職の人に「女性との出会い」を提供しようとすると、外野からはこんな声が聞こえてきます。

「男性は仕事でしょう。働いていない男性が女性を幸せにできるワケがない。まずは仕事を探しなさい」

とんでもない!!こんなこと言ってくる奴は大きなお世話です。仕事が先か、彼女を作ることが先かなんてどっちだって良いじゃない。

例えばですよ、出会いを求めている女性が大資産家なら、男性が無職だって十分に成立しますね。むしろ無職が有利になるかもしれない。

例えば、女性がバリバリのキャリアウーマンであるならば、男性が専業主夫になることもあり得る時代です。それが、男女平等ってことでしょう。

手をつなぐ男女
 

卑屈になるな日本男子!!

by彼女をつくる恋活専門学校

なぜ今回、このような内容のブログを書いたのか?それは、

「今の仕事に満足をしていない」
「仕事に自信がない」

という理由から勝手に思い込んでいる男性が多いからです。自分には女性を幸せにできる権利がないと諦めてしまっている。

それは間違いです。そんな諦めは不要です。仕事はあなたをはかるたった1つのモノサシに過ぎません。

それよりも、仕事以外の側面を磨いてみてはいかがでしょうか?そっちの方がはるかに女性にモテますよ。理想は釣りバカ日誌のハマちゃんです!

自分の絶対的な得意分野を磨き、その話を嬉々として少年のように語る男性。そのギャップに女性は弱かったりしますからね。

卑屈が一番の敵です。転職回数や職種で女性を諦めるなんて本末転倒ですよ!!

 - 【新井塾】メンバー専用カテゴリー, 女性を口説くヒント, 彼女 出来ない