パートナーがいる何気ない生活の有難さ

   

こんばんは!寒くなってきましたね。
通勤電車の中ではマスクをしている人が増えてきました。
風邪ひかないで1週間を乗り切ろう!

窓際の女

病院でみた光景

本日はわけがあり大学病院に行ってきました。(自分のためではありません。)

待っていた場所が「救急外来」付近ということもあり救急車で搬送される人があとを断ちません。

なかには素人の私が「え?大丈夫なの??」と思う方もいて、明日は我が身とゾッとしつつ、健康の有難さを痛感しました。

話しは飛びましたが、今日はその病院でみた「何気ないカップル」から感じたことを書いてみます。

カップルって良いよねぇ

気持ちが強い人には笑われるかもしれませんが、私は臆病な性分なので
「人間、弱っているときには1人より2人の方が心強い」
と思っています。

特に病院に行くケースでは「心身ともに弱っている状態」であるため
心細く感じます。

子供の頃は親が病院に連れてきてくれました。しかし大人になれば当然1人で来ることになります。
心身ともに弱っているときなどは寂しいですよね。

「こういうときはパートナーの存在が心強いよね」
と病院にいたカップルを見て思いました。

普段はスルーしてしまう何気ない光景であっても
「病院」という場所のためか強く感じたのでしょう!

だから
「彼女を作ろう!!!」
とは言いませんが、何気ない時にそばにいてくれる存在の有難さ
書いてみたくなりました。


以上
~恋活研究所ブログ【11月12日号】~
「彼女を作るためのヒント」を日々更新しています。「ご意見」をバシバシいただけると嬉しいです。

上を確認の女性



男のための恋活研究所
間 大輔

 - 【新井塾】メンバー専用カテゴリー, お知らせ, 彼女 欲しい 40代