「彼女の作り方」の極意は可能性を0にしないこと

   

彼女が欲しい人必見の恋活研究所ブログ 8月31日号

いつもご覧いただき、ありがとうございます。「彼女が欲しい」をメインテーマにブログを続けています。

男女の違いを私なりの視点で書いてきました。今回は「男は見た目が好き、女は自分に向けられた好意が好き」を考えてみます。

最低限の清潔さを確保しつつ、可能性を0にしない

彼女が欲しい恋活研究所のトップページを見ると、私の写真をアップしています。見てもらえばわかる通り「いい男」じゃありません。最近は髪の毛だって薄くなっちゃってるし・・・(T_T)。
写真をアップした理由はいくつかあるけど、その中の1つがまさにそれ!「こいつに彼女ができるなら、俺だってできるだろ!?」と思ってもらうためです。

前回も少し触れましたが、男はとかく「見た目」を気にします。だから女性にも「見た目の良さ」を求めます。
特に体力的に有り余っている若い男はこの傾向が顕著です。なぜなら性欲が溢れているので、男目線での女っぽさを追求するからです。しかし、男も年齢を重ねるごとにこの辺りは変化してくるようです。

それに比べて女性の場合は「見た目」を男ほど気にしません。もちろん、最低限の清潔さは確保しなければ話になりません。「生理的に受け付けない」「一度キモい」と思われたら最後です。そこからの復活は可能性が0です。しかし可能性を0.1でも残しておけば、0でなければ、そこから彼女まで持っていくことは十分にありえます。

筋トレやお洒落に気を配るよりも最低限の清潔感に気を配っていれば可能性はあります。私はその事実を身を持って体感しました。だってあの写真ですから(笑

以上
~次回につづく~

当ホームページのトップにある「STEP1」から「女性とのコミュニケーション方法」を無料でプレゼント!  
ご活用下さい(*^^)v

いつもありがとうございます。

男のための恋活研究所
間 大輔

 - お知らせ, 彼女 作り方